HOME > 設置とコスト

設置とコスト

ソーラーパワーとは、各家庭のそれぞれで導入できるという点でも、従来の電力源とは様相を異にしています。

また、太陽光発電システムを導入することで、電力会社に対し余分な電力を譲渡することで金銭的な利益を得る売電も行うことができます。

導入に当たっては、必要な電力量や設置家屋ごとの違い、初期費用の回収や補助金など、設置の実際の流れとコスト(費用)をしっかりと考える必要があります。

太陽光発電を設置

一般の家庭でも太陽光の当たる屋根さえあれば、太陽光発電システムを設置し、自宅で発電を…

家屋のタイプによる違い

モジュールの設置面積は、3kWの場合で、約20~30㎡、重量は架台と合わせて300~450…

予算と設置容量

住宅へ太陽光発電システムを設置する際は、屋根の面積や予算によって3~5kWほどの間で設…

設置費用の回収計画

太陽光発電システムを設置する際に最適な設置容量を選び、正しく設置費用の回収計画を立てる…

メーカーの選び方

いまや太陽光発電メーカーは国内に限らず国外にまで数多くのメーカーが存在し、その選択肢は広…

オール電化と太陽光発電

オール電化とは、ガスや石油などを一切使用せずに、家庭の給湯・調理・冷暖房など全てのエネル…

導入の流れ

まずは契約するメーカーを選び、設置する商品(容量)を決めます。その後、実際にメーカーに住…

国と自治体からの補助金

太陽光発電システムを導入すると国や地方自治体から補助金が支給されます。これは、太陽光発…